2005年10月18日

日本人の心の問題に踏み込んだことを後悔するだろう

うはw首相テラカッコヨスwww

ここ数日の靖国関連について勝手な考えを述べてみるテスト。

・大阪高裁が違憲って言ってたよ。
大阪高裁は「首相の靖国参拝が違憲」という判決は出していません。
台湾?の方々が「首相の靖国参拝で精神的苦痛を受けた!謝罪と賠(ry」と訴えたのを
「んなーこたーない」と却下したのが判決。
いつも通りw原告敗訴です。
朝日新聞とかが鬼にチョークスリーパーを決めたかのように言っている「大阪高裁が違憲と言った!!!」ってのは裁判官が判決と全然関係のない傍論でそう言っただけ。
つまりは裁判官個人の勝手な独り言。
高裁の裁判官が裁判の時に「違憲」と言った≠高裁で「違憲」と判決
↑テストに出ます。しっかり覚えておくよーに。

・靖国神社参拝=政教分離に反する
と言うのはムリがあるのでは?
靖国神社は神社本庁に加入していないので厳密には「神道(という特定の宗教)」の施設ではないです。あえて言うなら「靖国神社という宗教」の施設?なんでしょうかね。
政教分離の意義は「特定の宗教が政治的に優遇されたり弾圧されたりしないようにする」です。
(飛鳥時代とかに、政府が仏教を広めて全国にお寺を立てたりしましたよね、そういうことが今はできないと言うことです)
首相が靖国に行くのは、そこに戦没者が祀られているから。決して「靖国神社という宗教」だからお参りしているわけではありません。

これは「無宗教の追悼施設」を立てる意味があるのか?と言う話にもなりますね。
“国内の他のどの宗教にも依らない”靖国神社があるのに、わざわざ税金を使って追悼施設を建立・運営するのはムダな気もします。

もし本当に「政教分離に反する」と言うなら、靖国神社が宗教的に他より政府から優遇されてるとか、そのせいで別の宗教が割を食ってるとかいうのをきちんと証明しなければなりません。
例えば他の神社やお寺、教会などが「首相が靖国参拝をしたから氏子(檀家)が減った!お布施が減った!!」と証明するのは…ムリだろうなぁ。
実際の所日本人のほとんどは「神社とお寺さんは別」という考えでしょうからねぇ・・・。

・分祀
「A級戦犯だけ分祀」というのは靖国神社側からすると「ムリ」だということです。
位牌や遺骨など、物理的なモノではなくて「御霊(みたま)」そのものを祀っているので特定個人だけ別の場所で祀る、と言う都合のいいことは出来ないということです。
そして無宗教の追悼施設を作ってもますます意味ないですよね・・・
だいたい、戦犯の方々は死刑になったんですから死んだ瞬間に罪は償われてるんじゃないんですか?
しかも日本人の死生観として「死んだらどんな人間でも祀り、敬う対象」ってのがあるんですよ?
自分の家のおじいちゃんが亡くなって、仏壇に手を合わせてる時に隣の家の子供から「俺の爺さん(故人)はそいつに昔ひどい目に遭わされたと言ってる!そんな奴に手を合わすな!!」と言われても
(・ω・)<はいはいわろすわろす
状態でしょう・・・。

・靖国参拝=戦争肯定だ!
(・ω・)<はいはいわろすわろす
まぁ、遊就館とかは確かにスゴイけど、何度も言うように
国のために死んだ人がそこに祀られているから靖国に行ってて、偶然それに戦死者も含まれている
のであって、戦争肯定とは関係ないでしょうに。

・周辺諸国の人を傷つけるな!
あなたの仰る周辺諸国ってどこの国のことかしら?
(櫻井よしこ風)
その前になんで傷つくのか教えてくれ。
日本という国のために命を落とした人を日本人が追悼することで他の国の方々が精神的に傷つくのはなぜか教えてください。
あとね、イタリアもドイツも戦没者の人はそれなりに弔っているんですが、それに対しては何も言わなくていいんですか?

・外交上の影響が…
参拝は日本人戦没者のためのものであり外国に向けた行為ではない。以上。
何か言ってくる方がおかしい。
たとえ現在首相が靖国に行ってなかったとしても、中国はガス田盗ろうとしてた。それは多分断言できる。

疲れたんでこの辺で。
ご意見は感情論以外をお願いします。
posted by KEI-KO Fujisaki at 16:59| Comment(1) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大体禿しく同意
本社が靖国神社のすぐ近くにあるんで、よく境内を散歩したりします。
遊就館も入ってみました。入り口にドドーンと零戦のレプリカが飾ってあったりしましたが、
そこの説明にも戦争賛美など全くなくただ中立な立場で
ぶっちゃけて略すと「過去に戦争がありました。その苛烈さはこの兵器に付いた弾痕からも想像できますでしょう」な感じだった。
今は日露戦争展やってましたが、手持ちのお金が無く入れませんでした…
Posted by LeD at 2005年10月18日 19:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック