2005年11月02日

だが、心配のし過ぎではないか

天声人語メーカーだそうです。
朝日新聞のアレっぽい文章を自動生成するらしいです。
さっそくやってみました。

【天声人語】 (朝日新聞)

コナミは「時間消費から価値ある時間の創造へ」と主張している。しかしちょっと待って欲しい。
「時間消費から価値ある時間の創造へ」と主張するには早計に過ぎないか。
コナミの真摯な姿勢が、今ひとつ伝わってこない。

例えばファンからは肝心のゲームがおろそかになりすぎだと主張するような声もある。
このような声にコナミは謙虚に耳を傾けるべきではないか。
思い出してほしい、過去にも何度もコナミはファンの叫びを無視している。
コナミはファンの肝心のゲームがおろそかになりすぎだという主張を間違いであるかのような発言をして、市民団体などの批判を浴びた。
陳謝したものの「真意が伝わらなかった」と発言の撤回はしなかった。

確かにファンには古い考えに縛られすぎという問題もある。だが、心配のしすぎではないか。
コナミの主張は一見一理あるように聞こえる。
しかし、だからといって本当にコナミは「時間消費から価値ある時間の創造へ」と主張できるのであろうか?
それはいかがなものか。的はずれというほかない。
事の本質はそうではではない。その前にすべきことがあるのではないか。

コナミは、我国が未来を担う一員として責任があることを忘れてはならない。
コナミの主張には危険なにおいがする。各方面の声に耳を傾けてほしい。
コナミに疑問を抱くのは私達だけだろうか。

「時間消費から価値ある時間の創造へ」と主張したことに対してはファンの反発が予想される。肝心のゲームがおろそかになりすぎだという主張を支持する声も聞かれなくもない。
コナミもそれは望んでいないはず。しかしコナミは手を広げすぎて個々の業務が希薄である。

「時間消費から価値ある時間の創造へ」と主張する事はあまりに乱暴だ。コナミは再考すべきだろう。
繰り返すがコナミは手を広げすぎて個々の業務が希薄である。
コナミの「時間消費から価値ある時間の創造へ」と主張したことは波紋を広げそうだ。今こそ冷静な議論が求められる。

posted by KEI-KO Fujisaki at 13:53| Comment(1) | TrackBack(1) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ギガバロスwww
Posted by LeD at 2005年11月02日 19:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

<新内閣期待度> <最近必死な朝日新聞>
Excerpt: 『日々日常』本サイト 人気blogランキングはコチラ (以下引用)『新内閣「期待できる」51%…読売緊急調査』(読売新聞) 第3次小泉改造内閣の発足を受け、読売新聞社が10月31日夜から1日..
Weblog: 『日々日常』〜ブログページ
Tracked: 2005-11-03 08:08