2006年06月04日

e-amusement pass作りました(6/5追記済み)

バイパーちゃんeパス

QMA3ではなくポップン14(と、そのうち出るであろうダダレ新作)用です。

作り方はXbox360の時とほぼ同じです。

紙ヤスリで表面が真っ白になるまでこする

下絵をカーボン紙で転写

色塗り

主線引き

クリアラッカー

私は最初のプロセスで目の粗い紙ヤスリを使ってしまったので傷だらけになりましたorz
別に薄くするのが目的じゃないので、1000番以上ぐらいの紙ヤスリで十分でございました。

そしてカーボン紙の油分が結構表面に残って絵の具の乗りが悪くなるのがイヤだったので、プライマーを吹いたらおもくそ線がにじみましたwww
リキテックスの不透明さでごまかし切れて本当に良かったです。凄いぞリキテックスの白。マジで。
(たぶん油分に対抗する一番いい手法は
鉛筆を下絵の裏に塗って転写→コピックマルチライナーかマッキーペンでなぞる→表面をアルコールで軽く拭く
じゃないでしょうか?)

ラッカーが乾くまで待たなきゃいけないから、動作確認は明日以降になりますねぇ。

続きはこちら

結論;おとなしくシールで作った方がいいですw

※あたりまえのことですが、改造は自己責任で。
使う画材、表面保護材や塗り方によって著しくカードの質が変わる可能性があります。
最悪、カードの抜き差しの際に塗装が剥がれたり、カードが詰まって出てこなくなる可能性もあります。
posted by KEI-KO Fujisaki at 15:08| Comment(4) | TrackBack(0) | イラスト有り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
( ´∀`)ウマー
Posted by 春香札幌支部の人 at 2006年06月05日 01:17
テラカワイス(´∀`*)
画材が気になる・・・。
Posted by さかき at 2006年06月05日 10:09
画材はリキテックスです( ´∀`)
リキテックスの白は不透明度が高くていいですねぇ。
線は普通の油性ペン。
Posted by 藤崎景子 at 2006年06月05日 11:47
凄いなぁー改造しちゃうなんて、
カワイイ!!
Posted by 文具ログ at 2007年06月17日 00:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック