2006年08月23日

シュレッダーはフットスイッチにすべき!

業務用シュレッダーははっきり言って使ってて怖い。

でも、カードキー式にしても、カードを挿しっぱなしだったら意味が無いのでは?

要は紙とかを入れると自動でカッターが回っちゃう機構が恐ろしいので、それをなくしちゃえばいいと思うのです。

工作機械みたいに、左右両サイドのスイッチを同時に押さないと作動しない(つまり、1人で使っている限りは絶対に手をはさまない)とかも考えたけど、大量の書類を連続裁断する事が求められる業務用だとちょっとつらい。

と言うわけで、私が考えたのはフットスイッチ。踏んでる間だけ回り続ける。
でもただ踏めるだけじゃダメ。なんかの弾みで上に物が乗っかったりするとずっと回り続けちゃうから。
なのでスイッチを2重にしてやったフットスイッチ式がいいかと。

1)適当な所にスイッチ@を付ける。
2)スイッチ@を入れた状態でフットスイッチを踏むとカッターが回る。
3)フットスイッチを切るとスイッチ@も切れ、また最初からの手順になる。

ここまで書いて、似たような商品が無いか検索したのですが見つかりませんでした…
(あったら教えてね)
どこかで作ってくれないかなぁ?
posted by KEI-KO Fujisaki at 19:39| Comment(3) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あー、

カードキーを怖いお姉さんが管理してる

ってのがデフォルトだから。
Posted by 萌尽狼 at 2006年08月24日 01:02
発想は良いと思うんですが、間違ってスイッチを入れる可能性も高いですよw
両方同時にって手もありますが、それはそれで手間が掛かりすぎますし。
Posted by とおり at 2006年08月24日 17:54
とおり様>
「間違ってスイッチを入れる可能性」について詳しく説明願いたいです。

言葉が足りなかったようなので補足しますが、スイッチ@はフットスイッチではありません。
手で操作する普通のスイッチで、機器の上部とかに小さめのを付ける発想です。
Posted by 藤崎景子 at 2006年08月24日 18:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック