2007年06月01日

心配するな、歴史ではすでに実証済みだ。(追記済)

誰かやってるんじゃないかと思ってたらあった!
ニコニコでごめんね。

(以下、微ネタバレあり注意)



グラVで、2面の自機と最終面の下側自機は本当にシンクロしてるのか?の検証映像です。
既にある超高次周の映像を加工して作ってるらしく、後半処理オチでずれてしまうのが残念。

↓と思ったらシンクロ率高めたver.がアップされてた。
右のスペースの意味は1:35ぐらいで分かります。




ステージ中の映像よりも、デモ画面こそが必見ポイントかも。
2つの時間軸が平行して流れて、ワープの場面で一つに交わる所がむちゃくちゃ感動します!
最後もいいですね。あーなんか、ドラクエVで主人公がタイムスリップする時を思い出します。
単に同じ尺の映像を重ねてるだけなのに、すっげー全身がぞくぞくする。
やはりグラV最高です!!!


おまけ
Forza Motorsport2痛車に対する外人の反応。とかいろいろ様より)

アイドルマスターとForza2で日本のXbox360ユーザーのおかしさが全世界に広まったと思われます。もちろん性的な意味で。

ペイントの仕方は各自まとめサイトでも見ていただければ良いと思うのですが、簡単に言うと丸・三角・四角とかの定型しかないデカールを千枚単位で重ね貼りして任意の絵を描いているのです。
しかもマウスとかじゃなくて皆コントローラーでやってるんですよね?
やはり日本人というのは職人向けの民族なんですね…
posted by KEI-KO Fujisaki at 12:38| Comment(0) | TrackBack(0) | グラディウス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック