2007年06月13日

GRADIUSの商標の件の続き

このエントリの続きです。

扉絵に使ったver.↓

貴方のバイパーちゃん

Runners High!様でこの件に関してkwskされてたんで捕獲。
エントリの内容は後から消えちゃうかも?なので転記いたします。魚拓とかマンドクセ

(1)ナムコが84年に出願した商標は、アルファベット表記で「GRADIUS」。その適用範囲は“家庭用ビデオゲーム”。
(2)“業務用ビデオゲーム”における「GRADIUS」の商標権はコナミが保有。86年に出願、89年登録。
(3)ナムコからコナミへ商標権が譲渡された時機は不明。

となります。

ナムコが「GRADIUS」との商標を登録した理由は、正直わからないですね。実際に、同名の家庭用ゲームが企画されていたのかもしれません。
ただし一つだけ言えるのは、アーケード版グラディウス(85年)がリリースされた後に商標の出願が行われていることからもわかるように、当時のコナミは知的財産に関してアバウトな企業だったと考えられるのです。
確かに、『フロッガー』であらいぐまラスカル、『ハイパーオリンピック』で炎のランナーの曲を無断使用したりと、昔のコナミは無茶してましたからね(笑)。

余談ですが、「コナミの持つ商標は2007年11月14日で満了する」と指摘されている方に一言。
著作権や特許権と異なり、商標権は無制限に延長登録が可能ですので、その心配は杞憂です。


うお、業務用のGRADIUSはナムコのものじゃなかったのですね。バイパーちゃんじゃなくってメタリオンにすればよかったかな。刺青は乳房の下あたりでw
posted by KEI-KO Fujisaki at 12:04| Comment(2) | TrackBack(0) | イラスト有り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>ナムコからコナミへ商標権が譲渡された時機は不明。
確かPCE版グラIIあたりでTMから(R)に変わったんじゃなかったっけ?
Posted by 萌尽狼@関東支部 at 2007年06月13日 18:51
はじめまして。ご紹介ありがとうございます。
個人的には、「MSX版の第三作目が『ゴーファーの野望 EPISODEII』とのタイトル名になった理由は、商標権の問題だったのか!」と納得してしまいました。


>>確かPCE版グラIIあたりでTMから(R)に変わったんじゃなかったっけ?
商標権自体はナムコが保有したままで、使用許諾だけ与えられた可能性もあります。故に、「(R)表記に変わった=商標権を譲り受けた」と断言することはできないと思います。
Posted by loderun at 2007年06月13日 21:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック