2007年07月11日

グラ関係の話題(追記済み)

オトメディウスのウェポンアンケート結果。
MSX厨の力をもってしてもイレーネ姫の魅力には勝てなかったということですねorz

☆八方Pからのタレコミ。
1分25秒からを聞きたまえ(ニコニコ動画)
しかしそれよりもその後の∀ガンダムパートの出来の良さに嫉妬w

さかきさんが擬人化ビックバイパーをピンキー化。
さかきさんの絵柄とピンキーはイメージぴったりですねん♪

☆先週発売のファミ通7/20号の、小島監督インタビューを読んで涙が止まりません!!
以下引用。MSXの初代メタルギアが開発されるまでのお話です。

正直言って、戦争もののゲームを作りたいとは思わなかったんですね。でも作らないといけない。その時に考えたのが、『大脱走』みたいな“逃げるゲーム”です。
(中略)
でも、それを先輩に言うと、「そんな逃げるゲーム、誰が買うんや」と(笑)

しかも、新人で1本もゲームを完成させていなかったわけですから、誰も協力してくれなくて。そのときは、本当に辞めようと決意しました。それが1986年の年末だったのですが、「辞める!」と言ったら、ある先輩に食事に誘われまして。その席で、「本当は何をやりたい?」と聞かれたので「本当に『大脱走』みたいなものが作りたいです」と話をしたら、年明けに企画書を書いて家まで来いと言われたんです。そこで、簡単な企画書を用意して持っていったら、「こんなゲームは見たことない。僕があいだに入るから頑張りなさい」と。

その先輩は、『グラディウス』を作られた偉大な方だったのですが、上司に交渉してくれて、最終的にゴーサインが出ました。


>偉大な方
>偉大な方
>偉大な方

この「先輩」って松井直樹さんですよね監督?!
(春木豊さんという説も出来ますが、おそらく春木氏よりも松井氏の方がさらに先輩だと思うので)
もうね、この一文のためだけに部長がファミ通を買ってきてくれたのです。ありがとう部長。
そしてありがとうメタルスレイブ直樹。
貴方はコナミMSXゲーム界の神です!
posted by KEI-KO Fujisaki at 12:37| Comment(1) | TrackBack(0) | グラディウス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
小島監督のpodcastヒデラジ6月19日配信の回で
松井さんの話がちょっとだけ出てましたよ。

http://www.blog.konami.jp/gs/hideoblog/2007/06/002211.html

始まって15分あたりです。
やはり、消息は分からないらしいですが・・・
Posted by ちゃいと at 2007年07月12日 02:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック