2008年01月01日

29日の日記

7時半にKASUMiNさんと新木場駅で合流する予定だったのですが、乗る予定の列車を逃していきなり俺涙目wりんかい線って列車があんまり頻繁に来ないんですね…。
なんとか合流して国際展示場駅に到着、サークル入場列へ。
前回と入場ルートが変わっていて微妙に戸惑いました。(雨のせい?)まぁ、真っ正面から入れて気分が良かったので、初めて来るKASUMiNさんたちには良かったのかも?
横断歩道とかがないので入場はものすごくスムーズに出来ました。8時過ぎにスペースへ。
ここで頒布物の種類が意外と多かったことに気づいて結構設営は試行錯誤してました。
棚の類を持ってきてなかったからねえ…

そしてバイパー子(さかきさん所の擬人化バイパー)のコスプレきたー!!

コスプレ
↑ご本人から許可を得て撮影&掲載しています。無断転載、無断使用は禁止です。

うちのバイパーのコスプレも是非見てみたいのですが周りの女性陣(私含む)は異口同音に「腹が…」とw
いや、私以外は全員大丈夫そうだけどなあ正直w

前日お会いした方も含めて沢山の方に来て頂きまして。大変ありがとうございました。
中学のときの友達とかも来たぜw

部長は今回は基本的に別行動だったので、12時過ぎの来場。彼が来るなり私以外の全員が元気よく
「おはようございますー!!」
確かに部長は偉い人だけど…。おい、コナ研はずいぶんと体育会系だなw

今回の反省点
・折角売り子が4名もいたんだから、ちゃんと役割分担して頒布した物の数を正確に記録すべき
・興味を持ってくれたっぽい人は多かったので、もっと積極的に声掛けすれば良かったかも。
・もうちょっと次女&三女の頒布物も積極的にオススメすれば良かった。
・長居「しそうな人」の対策は何とか見いだせた気がするが「する人」の対策をもうちょっと講じよう。
・各人の買い物等の時間をもっと早くに取れたら良かったなあ。折角4人もいたのに…

結局売れた冊数は、えぴつー!は51冊(+α?上記の通り正確に数を取れなかったので)、ケツイの方は39冊?

終わったあとは、部長が居なかったので売れ残りの本を持って帰ることは出来ないと判断して戦略的にクロネコを使用。
メモ:3時ジャストぐらいに行ってないと超混むので注意だ

長いので畳みます。


その後一旦宿に帰って荷物整理&委託の萌尽狼くんとKASUMiNさん分の精算をしてたら、全然売り上げ数と金額が合わず涙目にw
どう見ても売ったとの控え漏れがありすぎです。
何とか精算が終わったものの時間が押しまくって、当初予定では18時から打ち上げ開始の予定だったのに私が新宿駅に着いたのが18時とかいう状態に…
部長に連絡したところ
「予約を30分遅らせて、とりあえず(集合場所の)ミカドに来てくれ」
その理由は付いた後判明しました。

並木学先生が来てて、罰帝さんが何故かK子さんのことを紹介しちゃってて」

はぁーーーーーーーーん!!!!

そんなセレブと会う予定など無かったので僕はテンパりましたよええ、全力で!!
折角紹介して頂いたのに只の素人の腐女子ですいません…orz
あと三女を呼んであげられなくて本当にごめん…orzorzorz

今回の原稿中のBGMはもっぱら並木曲だったことと(itunesのライブラリにガレッガ、ケツイ、大往生、虫姫を入れて「スーパー並木デッキだ!」とか言ってたw)、ケツイの2面BGMがいかに素晴らしいかをお伝えするだけで精一杯でした。

メモ:つーでら曲の「FAKE TIME」のギター音はケツイ4面BGMと同じ。次女に聞いたら(目の前の人が並木先生だよ、と言う前に)「あの曲ケツイ4面に似てるんですよ」と言ってました。割と有名な話だったみたいです。

そしてようやくコナ研忘年会という名の打ち上げに。当初参加予定だったReDくんが風邪でぶっ倒れてしまったのですが代わりに萌尽狼くんが来てくれることに。ありがとうございます。部員の結束は固いですね。

1次会は割とつつがなく過ぎました。
10歳以上年が離れているはずのRyoくんとさかきさんの話が完璧に合っていて相当盛り上がっていたのが印象的でしたが。それがコナ研クオリティ。
そして二次会。何というか、ずっとくさいあしPのターン(笑)
カラオケだったのですが半分ぐらいの曲がニコニコ動画系でした。ニコ厨乙www
ものすごく楽しいカラオケになりました!
コミケの疲れや色々スケジュールが遅れ気味になっちゃったりとで結構テンション落ちていたのですが、ここで完全回復した感が。
皆様ありがとうございました&お疲れ様でした。

その後は軽く翌日の打ち合わせをして解散。
posted by KEI-KO Fujisaki at 01:37| Comment(0) | TrackBack(0) | dame日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック