2008年03月13日

うわーい

ミカドさんのブログにポスター画像載ってる!
お近くの方は(近くなくてもいいけど)、是非お店の方にも見に行ってくださいませませ。
そして対戦会にも参加してねー!

☆ケツイ1周のビデオ撮りできたー!
今まで何故か家だとクリアできていなかったのですが、昨日ようやく出来ました!
いつも以上にトラファルガ以降がボロボロでしたけどねー。

☆よかったよかった
実妹が4月以降も今の職場で働き続けられるとのこと。
ちょっと色々あって心配していたので本当によかったよかった。

☆久々にドールのアイペイントした
とりあえずリキテックス最強。
Mr.カラーも持ってはいるんだけど道具洗ったりとかが面倒くさいからエアブラシ専用になってるのよね。
あとはKASUMiNがいろいろやってくれるはず。

以下限りなく私信。

私も鉛筆でしか絵を描かない人はあんまり好きじゃないかもです。
主線が鉛筆でもちゃんと色塗ったりして完成作品に出来る人ならまだ良いのですが、ネット上に載せたり同人誌にしている絵も全部鉛筆描きのラフ状態というのはどうなのかなーと。
私はbolze.先生とか大好きですがそれはあくまで「ネタ」とか「エロさ」が好きなのであってあの鉛筆書き原稿よりはやはりペン入れしたきれいな線のものが見たいなあとは思っています。

んーとさ、半角二次元板とかで「久々になんか貼られてる!」と思ってクリックしたら鉛筆書きだった時、ちょっとだけガッカリするでしょ?それ。

ほとんどの人にとっては鉛筆が一番使い慣れている画材だし、描いた後消せるし、ラフ状態だと(見る人は脳内で一番良いラインを補完するから)実力以上に上手く見える、ってのもあるので鉛筆絵の利点ってのは確かにあるのですよ。
しかしそれはあくまで「ラフ」や「下書き」なわけで。「ハレ」と「ケ」で言うと「ケ」なんですよ。

つまりその人は「鉛筆書きしかしていないのをdisられている」のではなく「完成作品が無い」のをdisられているのではないかと。
他人様に見せる絵がラフみたいなのばっかりだと、やはり、「お前はなんなんだ」って思われるのは仕方ないと思います。

無理にGペンとかフォトショとか使う必要は無いと思いますが、絵描きとしてはやはりTPOに合った、というか、ラフならラフ、ネット公開ならネット、印刷なら印刷、1枚絵展示なら1枚絵、という各所に合った画材を使うことや作風を出すことが多かれ少なかれ必要だと思います。

でも、デジタル描きに移行してから、Gペン(つけペン)のすごさを身をもって感じています。
真っ黒な線が引けるし、太さとかが本当に脳で思うままに任意になるし、線に「ベクトル」を出すことができる。
もしご興味があるなら一度触ってみるのもいいと思いますねー。で、とにかく色々描いてみる。人物の身体とか髪とか、字書いたりとか
、ベタフラ引いてみたりとか。

とりあえずこんな所で・・・
posted by KEI-KO Fujisaki at 13:29| Comment(1) | TrackBack(0) | dame日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ありがとう。
あのあと諸説考えましたが,
やっぱり原因は景子タソの指摘の通りじゃないかと思いますお。
(描き手は残念ながらぼくではない)

Gペンの凄さ、ぼくも今から握って体感してみようかなw
というかもうずっと描いていないに等しいw
ともあれ実際に描いた人が、ペンのハウツーを語ってくれるのは
非常にありがたいわけで…。
どうもありがとう。

ちなみにこんなぼくは、WEBデザインのためにフォトショとか
イラレとか持っていますw
ペジェは泣きそうになった。むしろ泣いた。
今もたまに泣くwww

ポスターすごいね!!おめでとう。

あと遅ネタですが、オトメディウスのフィギュアをげとして
頂いたようでなんか嬉しいです。

ちなみにリキテックスは使ったことありますw
最強です。用途は多分おそらくきっとアレですw
Posted by mashima at 2008年03月13日 19:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック