2008年06月20日

めも

自分用に。
今2chのグラスレ&Wikipediaのグラディウスの項目にて揉めている状態のまとめ、っていうか説明。


☆大事なことその1
Wikipediaに何かを書く時は、それが書いた人の主観ではないこと、書いた人のでっちあげではないことを証明しなければいけません。これが出来ない記述に関しては消されても文句は言えません。
これが「要出典」です。
具体的には、本や新聞、ウェブサイトなど第三者が確認できる媒体を「参考文献(出典)である」として示すことが行われます。
ゲームの場合は、度を超していなければ「プレイすれば分かる」でも問題ないでしょう。(リバースエンジニアリングなどでの情報はダメ)

☆大事なことその2
Wikipediaの編集はルールに則って行わなければなりません。
内容に問題がある場合は言わずもがな、問題がなくても、書いた時に何らかのルール違反があると、その加筆は一旦無しにされる場合があります。
Wikipediaには1回ごとの加筆編集の履歴が保存されていますので、機械的に、その加筆を無しにすることができます。
これが「差し戻し」です。

ここから、スレの流れについていけない人のための説明

グラディウスの項目(以下、単に「項目」と表記)内に、グラポの公式ガイドを出典とする文章が加筆される。
加筆日は2007年12月6日。
加筆の手順的にはルール違反はなし。
 ↓
その加筆内容が、6月になって2chのスレで取り上げられる。
ライターさんの名前(A氏とする)が「A氏は〜と書いている」と入れられているのが、ライターの宣伝に当たるのでは?と批判される。当然Wikipedia内では個人の宣伝行為はNG。
 ↓
当然の流れとして、この加筆はA氏の自作自演による宣伝行為ではないか、という推測がスレ内で広まり、共通認識的に支持される。
 ↓
スレの流れを受けてか、該当の部分が除去される。
 ↓
除去の理由が説明されていなかったため差し戻される。
 ↓
該当の部分が除去される。(理由説明無し)
 ↓
一緒に、必要な別の記述も消されてしまっていたため差し戻される。
 ↓
該当の部分が除去される。(理由説明無し)
 ↓
除去の理由が説明されていなかったため差し戻される。
 ↓
差し戻しを行っていたのはWikipedia上のルールに非常にうるさいある編集者(B氏とする)。
 ↓
WikipediaのルールやB氏の人となりに詳しくない人からの、「執拗に記事を復活させるB氏=A氏ではないか」という推測がスレ内で広まる。
そもそもA氏の名前入りの加筆を最初にしたのはB氏だったのですが、さすがに履歴を掘ってそこまで言及する人はいなかったっすね・・・
一方Wikipediaに詳しい人も、杓子定規的にルールを適用することしか考えていないB氏におしなべて反感を持っており、B氏叩きの流れに拍車がかかる。
 ↓
項目のノート(項目の記事内容についての議論をするサブページ)上でB氏が、当該部分の除去についての、除去理由の説明を求めはじめる。
 ↓
スレから人が流入し、B氏と論争を繰り広げるが
・当該部分の記載はWikipediaには不要
・と言うかよけいな内容が多すぎるので、ちょっと削りましょう
という内容で、当該部分近辺については収束。


 ↓
しかしそれより少し前に、B氏はカウンターストップの記述について他の編集者と小競り合いをしていたため、B氏叩き側は続いてこの件に関して言及。
スレでもノートでも高度にゴチャゴチャになっていますが、この2件は別件の話です。
 ↓
6月19日にB氏自身によって正しい内容に直されているものの、それ以前に誤った情報を出典付きでさも真実のように書き続けていた(「コナミ・ゲームミュージックVol.1」出典?の情報をグラポ攻略本出典としていた、また両者の内容を混ぜてしまっていた)ことが判明。
 ↓
記事の内容そっちのけでルールばかりを重視している、本末転倒と言える編集方針に対して再度B氏への反感が高まる
 ↑
イマココ!
posted by KEI-KO Fujisaki at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | グラディウス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック